1. トップページ
  2. 目つきが悪いのをごまかす方法

目つきが悪いのをごまかす方法

【目の形】黒目が小さく横に長い目・奥二重

34歳

20歳代の前半はアイプチなどで、何とかくっきり二重に見えるように努力をしました。その甲斐があったのか、以前よりも少しはましな奥二重になっています。ほぼ毎日メイクをしますが、目の下は下地クリームをワントーン明るい色を使い、ファンデーションは時間が経つとシワが目立つので薄くつけ、パールが少し入ったパウダーで仕上げをします。真顔にならないように笑顔を心がけ、髪がぼさぼさしていると更に老けて見えるので、乱れてもすぐ直すように気をつけています。

【目の形】細くて釣り目・二重

28歳

特に何もしていません。今の職場はあまり人と接するような会社では無く、製造関係なので隠す必要もなく堂々としています。

【目の形】少しつり上がった切れ長のキツネ目・奥二重

36歳

現在、二重の幅がたるみのせいで狭くなっていますが、まつ毛をビューラーで持ち上げてマスカラをつけると、若干二重の幅が広がり、目つきが良くなります。人に見られている時は、顔の筋肉を意識して、怖く見えないような表情を心がけています。

【目の形】涼しげな奥二重

40代

目つきが悪いのを隠そうとは思ってはいません。ただ、目つきが悪いかなと自分で意識した時には、つとめて目を大きく開けるように努力はしているつもりです。メイクでは目つきの悪さはカバーしきれません。明るい服を着たりすると周囲の人たちの目線を服の方へ持っていけるので、そういう服を着るようにしています。

【目の形】丸くて垂れ目の二重

37歳

表情で気をつけています。なるべく笑顔でいるため、口角を広げて普段からいるようにしています。

【目の形】切れ長の細い目・加齢によりなんちゃって二重

40代

様々な努力をしてきました。余計な事を言われるのが面倒だったので、いつでも口角を上げて機嫌のいい印象を与えられるようにしましたし、アイメイクはカウンセリング化粧品のカウンターをハシゴして優しく見える眉の書き方やアイシャドウの選び方など教えてもらいました。髪も目の両側にシャギーを入れてもらい顔全体が丸い印象になるようにしてもらいました。服装もモノトーンをやめて、花柄や優しい淡い色を取り入れたり、香水もほのかに香るものに変えました。

【目の形】切れ長のアーモンド目・奥二重

33歳

目つきの悪さをなるべく出さないように工夫しています。まず眉頭の間を広く取るようにして優しく見えるようにしています。また、アイメイクは濃くしません。アイラインはよりキツく見えるので書かず、アイシャドウも柔らかく見える暖色系を選びます。

【目の形】細い目の一重

10代

目つきが悪いのを隠すためになるべく目元から笑うように心がけています。なるべく真顔にならないように気をつけています。髪型も目元が強調されないような感じに毎回美容院で仕上げてもらったり、朝からアイロンで巻いたりしています。

【目の形】切れ長で少しつり目・一重

20代

不自然にならない程度に目を見開くようにしたり、メイクで目尻に強めにアイラインを引くなどして垂れ目に見えるようにするなど、目つきがきつく見えないように工夫しているつもりです。また、人と話す時にはなるべく笑顔を心がけるなども大切なことだと思っています。

【目の形】まるい二重

30代

意識していないと近寄りがたい、不機嫌そうと思われがちなので、初対面の人と交流を持つときなどの場面では意識して笑顔でいるように心がけています。笑う時は目を細めるように、目が山になるようにしています。あと全体的にやわらかい雰囲気をだすようにしています。(服装やしぐさなど)

このエントリーをはてなブックマークに追加